江の島花火大会が中止に 駅改修中で「安全確保難しい」

有料記事

山本真男
[PR]

 ふじさわ江の島花火大会の実行委員会は8日、10月に予定した大会を「安全性が十分確保できない」として中止することを決めた。来年の東京五輪や秋のラグビーワールドカップの影響があるため。来年の大会は開催へ向けて準備する。

 実行委事務局の藤沢市観光協会によると、江の島でセーリング競技がある東京五輪を前に、最寄りの小田急・片瀬江ノ島駅が改修中。昨年は8口だった改札が実質4口になる。ホームの工事もあって駅構内に十分なスペースがない。

 例年の10月第3土曜日開催を平日に変えることも検討したが、通勤通学客があって臨時列車があまり増発できない。さらに、開催日が横浜市で決勝があるラグビーW杯の期間と重なって、委託業者や警察の警備にも不安要因が生じた。

 江の島の花火大会は長く夏の…

この記事は有料記事です。残り150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。