[PR]

 原爆文学の名作「夏の花」で知られる詩人・小説家原民喜(はらたみき、1905―51)を描いたドキュメンタリー映画「微塵光(みじんこう)―原民喜」の上映会が19日午後1時半から羽後町の西馬音内盆踊り会館で開催される。県内初上映となる。

 広島市生まれの原は爆心地から1・2キロの生家で被爆した。体験に基づいた小説「夏の花」は、被爆者しか知らない惨状を詩人が描写した作品として評価が高く、海外でも出版されている。原爆での嘆きを記したものの、1951年に鉄道自殺した。

 映画は広島市生まれの映像作家宮岡秀行さんが監督・撮影した2017年の作品。原を支えた妻や遠藤周作など、ゆかりの場所や人々、舞台公演を通して、詩的世界の広がりに迫る。

 羽後町の詩誌「密造者」同人の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら