[PR]

 アスリートが競うスポーツの場に暗い影を差す「ドーピング」。発覚すれば資格停止などの処分を受ける。選手やコーチなどはもちろん、同様に気にかけるのが薬剤師だ。調剤した薬に禁止薬物が含まれていれば責任を問われかねない。そんなリスクをカバーするため、ある損害保険会社が動いた。

 日本では、選手への薬の調剤は「公認スポーツファーマシスト」と呼ばれる特別な資格を持つ薬剤師が担うことが多い。現在は全国で約9500人いる。2020年東京五輪・パラリンピックで日本人選手たちを支えようと、資格を取ろうとする薬剤師は増えている。

 資格は日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の試験に合格すれば得られる。

 競技に出場する時に摂取が禁じ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら