「イランの対応、抑制的だ」 鈴木一人・北大教授に聞く

有料記事

構成・高田正幸 構成・高野裕介
[PR]

 イランが表明した核合意の一部履行停止はどんな意味があり、国際社会にどう影響するか。イランや中東の問題に詳しい北海道大の鈴木一人教授と、カイロ大のニビン・ムサアド教授に聞いた。

鈴木一人 北海道大教授(国際政治経済学)

 核合意の一部について履行停止を表明したものの、イランの今回の対応はかなり抑制的だ。国際原子力機関IAEA)の査察を拒むわけではなく、60日間の猶予期間も設けている。まだまだ核合意の理念を尊重していると言える。

 一方、米国は、イラン産原油…

この記事は有料記事です。残り833文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!