[PR]

 山梨県内の高校生たちが躍動した。第71回県高校総合体育大会が5月8~10日、甲府市の小瀬スポーツ公園陸上競技場をメイン会場にあり、約7千人が33競技に臨んだ。選手たちをカメラで追った。

 陸上の男子100メートルは向かい風4・1メートルの悪条件の中、珊瑚(さんご)龍之介選手(身延3年)が11秒29で優勝。「タイムは納得できない。風が強かったが、しっかり走れた」と胸を張った。「全国大会では自分より速い選手が大勢いる。落ち着いてレースができる度胸をつけたい」

 女子三段跳びは、萩原けい奈選手(駿台甲府1年)が12メートル08で勝利。公式戦で初めて12メートルを超えた。「舞い上がった瞬間、『やった』と感じた。今まで経験したことのない高さだった」と話した。

 女子100メートルハードルは…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら