[PR]

 瀬戸内国際芸術祭の開催に合わせ、時代に先駆ける現代日本画家2人の作品展「植物の力」が、香川県坂出市の県立東山魁夷せとうち美術館で開かれている。鮮やかな色彩と、モノクロの対照的な作風を一度に楽しめる。6月2日まで。

 岩田壮平さんと浅見貴子さんの作品計22点を展示。現代日本画の登竜門とされる「東山魁夷記念日経日本画大賞展」で、岩田さんは2015年、浅見さんは18年にそれぞれ大賞に輝いた。

 岩田さんは幼い頃から草花を好み、華道を長く学んできた。画面いっぱいに咲く花々は、江戸時代に琳派が用いた「たらし込み」という技法で描かれている。

 浅見さんは、地元・秩父(埼玉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら