[PR]

 トランプ米大統領は8日、イランが核合意の履行の一部を停止すると発表したことを受け、金属の輸出を禁止するための新たな制裁をイランに科す大統領令に署名した。イランが強く反発し、両国間の緊張がさらに高まることは確実だ。

 鉄鋼やアルミニウムなどの金属はイランの輸出の1割を占め、原油に続く収入源となっている。新制裁は米国企業にイランからの金属輸入を禁じるなどで、さらなる打撃を狙ったものだ。トランプ氏は声明で他国にもイランから金属を輸入しないよう求め、「イランが行動を改めなければ、さらなる措置をとることになる」と警告した。

 8日は、米国が核合意から離脱して1年にあたる。トランプ氏は「恐ろしく偏った合意」と改めて批判し、米国の経済制裁について「イランはテロの資金源に苦労している。最強の圧力をうまくかけており、さらに強める」と主張した。

 イランのロハニ大統領は8日、米国の核合意離脱への報復措置として、核合意の履行の一部を即時停止すると宣言。米国が全面禁輸制裁に踏み切った原油取引で改善が見られなければ、本格的な核開発を再開すると表明した。(ワシントン=渡辺丘)