[PR]

 カナダで逮捕され、米国への引き渡し審理を待つ中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モンワンチョウ)・副会長兼最高財務責任者(CFO)が8日、バンクーバーの裁判所に出廷した。孟氏の弁護団は、逮捕は政治的動機によるもので、手続きにも問題があったとして、審理差し止めを求めていく考えを示した。

 この日は、引き渡し審理の開始に向けた準備のための聴聞会が行われた。華為の説明によると、昨年12月にバンクーバーの空港で孟氏が逮捕された際、カナダの警察が令状を示すのを意図的に遅らせて不法に拘束し、携帯電話などのデータを調べたと主張し、当時の状況についてのさらなる情報開示を求めた。

 孟氏は米政府のイラン制裁をめぐって銀行にうその説明をしたことが問題とされているが、弁護団は「カナダでは犯罪に当たらない」として、カナダと米国の引き渡し条約の対象にならないとも訴えた。トランプ米大統領が孟氏の扱いを米中貿易交渉の取引材料とする考えを示唆していることなどから、「政治的背景があり、公正さが深刻に侵害されている」とした。

 カナダは3月1日に孟氏を米国に引き渡すかどうか判断する審理に入ることを決めたが、準備の聴聞手続きが長引き、具体的な審理に入れていない。次回は9月に弁護団が求めた情報開示をめぐる聴聞会が開かれる。(ニューヨーク=鵜飼啓)