[PR]

 武田薬品工業は9日、ドライアイ治療用の点眼剤「シードラ」を最大53億ドル(5830億円)でスイスの製薬大手ノバルティスに売却すると発表した。アイルランドの製薬大手シャイアーの買収で膨らんだ負債の削減にあてる。

 武田は今年中にシードラを譲渡し、一時金として現金34億ドル(3740億円)を受け取る。さらに、その後の売り上げの伸びなどに応じて最大で19億ドル(2090億円)が得られる可能性がある。

 シードラは2018年の全世界での売上高が3億8800万ドル(約430億円)。武田が重点を置く消化器系疾患やがんなど5領域には含まれないため、売却を決めた。

 武田は今年1月、日本企業とし…

この記事は有料会員記事です。残り240文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り240文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り240文字有料会員になると続きをお読みいただけます。