[PR]

 岐阜県本巣市や大野町を流れる根尾川で、稚アユの遡上(そじょう)が始まっている。上流をめざす体長5センチほどのアユが、1メートルほどの高さの堰(せき)に向かって、水中から勢いをつけて跳び上がる力強い姿を見せている。

 ここ10年ほどアユが遡上する姿を撮影し続けている全日本写真連盟会員の中村貞夫さんは「誰に教わったわけでもなく、本能で上流をめざす姿に自然の不思議さを感じる」と話した。

 遡上は、まだしばらく見られそうだ。(古沢孝樹)