[PR]

 体育の跳び箱での事故をなくそうと、専門家や弁護士、小児科医らが予防策を提言するシンポジウムが8月24日、横浜市中区の横浜情報文化センター6階情文ホールで開かれる。日本スポーツ法支援・研究センター、NPO法人Safe Kids Japan(SKJ)などの主催。跳び箱の専門家が、安全で楽しい指導法を解説。学校の授業や事故データを分析し、科学的な視点から、事故防止策を具体的に提言する。

子どもたち、守れますか 学校の死角
どんな時にどんな事故が起きやすいのか、小中高の学年ごとに分かる特設ページで考えます。

 午後2時から5時までで、参加は無料。詳細は、SKJのホームページ(https://safekidsjapan.org別ウインドウで開きます)で。問い合わせは、SKJ(電子メールinfo@safekidsjapan.org)。