[PR]

 トヨタ自動車とパナソニックが、住宅事業を統合することになった。自動車業界の激変期にあって異業種との「仲間づくり」をめざすトヨタと、「脱家電路線」を進めるパナソニックの思惑が一致した。

 「人々の暮らしを支えるすべてのモノ、サービスが情報でつながる。クルマを含めた町全体、社会全体という『コネクティッド・シティ』という発想が必要になる」。トヨタの豊田章男社長は9日、コメントを発表した。

 2019年3月期に国内企業として初めて売上高30兆円を突破したトヨタだが、業界を取り巻く環境変化に危機感を募らせている。自動運転や電気自動車(EV)の技術開発が進み、インターネットとつながるコネクテッドカーも急速に普及。「100年に1度の変革期」といわれる時代を乗り切るために、研究開発に毎年1兆円規模のお金をつぎ込むほどだ。

 20年代半ばには無人宅配や移…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら