[PR]

 2018年度から小学3年と4年で、英語に親しむための「外国語活動」が始まった。だが、もっと幼いうちから、もっと本格的に学ばせたいと考える保護者が増えているようだ。その現場を訪ねた。

 名古屋市にあるノーボーダーズインターナショナルスクール千種駅前校。「英語で生活する幼児園」で、年長クラスでお気に入りのおもちゃを紹介した5歳の女の子に、友達から次々と英語で質問が飛ぶ。全日制の年少~年長向けコースでは週5日、朝から昼過ぎまで、発音と文字を結びつけて英語を学ぶ「フォニックス」の時間はもちろん、図工や体育の時も、昼食や休憩も英語で過ごす。

 「英語は自然に身に付きます。それ以上に重視するのは子どものEQ(心の知能指数)を高めること」とケン・ゲール学園長は言う。「講師が一方的に教えるのではなく、子どもを中心に据え、主体的に考えてもらうのです」

 社会人向け英会話スクールや子ども向け英会話教室を運営するノーボーダーズ(名古屋市)が全日制の年少~年長向けコースを開設したのは2013年。当時、園児は7人だった。今では愛知県内の4校舎に144人が通う。「想像以上の伸び。グローバル化に伴い、親たちが週1回の習い事では足りないと感じ始めた」とゲール学園長は分析する。英語が堪能ではない保護者も多く、「我が子にはペラペラに」と願って1~3歳向けコースから通わせる人が多いという。

 「英語で何をするか。その中身を重視している」。

 そう話すのは名古屋市で未就学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら