[PR]

ごはんラボ タイの切り身の塩焼き

拡大する写真・図版タイの切り身の塩焼き=合田昌弘撮影

 今回から3回のシリーズのテーマは「焼く」。初回はタイの塩焼きです。1匹丸ごとさばくのはハードルが高いけれど、切り身なら気軽に挑戦できます。グリルではなくいつものフライパンを使って、焼きたてのおいしさを味わってみましょう。

 強い味方になってくれるのが、特殊な加工がされたアルミホイルです。身が鍋底にくっつかないので、裏返す時に崩れにくくなります。

 皮はパリッ、身はふっくらに焼くためのポイントは、前もって余分な水分をペーパータオルで拭いておくこと。水気があると表面の温度が上がるまでに時間がかかり、香ばしく焼けません。盛り付ける時に上にする皮側を下にして焼き始めます。

 下準備から10分少々で出来上がり。シンプルな料理だからこそ塩加減が決め手です。魚の重量の1%でしっかり塩味が付き、淡泊な味わいを引き立てます。(山本奈朱香

監修・料理:渡辺あきこ

調理科学 :香西みどり

【材料(2人前)】

□ タイの切り身 2切れ(1切れは約90g)

□ 塩 小さじ3分の1

【道具】

□ 包丁とまな板

□ ペーパータオル

□ バット

□ フライパン

□ アルミホイル(くっつかない加工がされたもの)

【作り方】

①切り身は鮮度が見分けにくいが、新鮮なものは色がきれいで身にツヤと弾力がある。ドリップ(液体)が出ていないものを選ぶ。

②火の通りをよくするため、身が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら