[PR]

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が9日午後4時半ごろ、朝鮮半島西部の平安北道・新五里周辺から、詳細不明の飛翔(ひしょう)体を日本海側に向けて発射したと発表した。北朝鮮は4日にも東部の江原道元山付近から、飛翔体を日本海側に向けて数発発射している。

 安倍晋三首相は9日夕、首相官邸で記者団に「現時点で我が国の安全保障に影響があるような事態は確認されていません」と話した。防衛省も「我が国の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていない」と発表した。(ソウル=神谷毅)