[PR]

 栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」で、世界最小の馬といわれる「ファラベラ」の赤ちゃんが誕生した。同王国の動物の中で、令和生まれの第一号。11日から一般公開される。

 5日に生まれた雌で、体重約12キロ、体長約50センチ。中型犬ほどの大きさ。母親にぴったりと寄り添い、母乳ですくすくと育っている。体は薄茶色と白で、額と口の周りが白く、黒い大きな目がかわいらしい。

 2年ほどで母親(3歳、体重110キロ、体長約120センチ、体高約70センチ)と同じ体格になるという。(池田敏行)