拡大する写真・図版 エンジンフードを開けるとモーターなどが詰まっている。右奥は通常のエンジン車=2019年5月9日午後3時51分、横浜市都筑区、太田泉生撮影

[PR]

 旧型のフォルクスワーゲン・ビートルは「かぶと虫」の愛称で知られる。2003年まで半世紀以上にわたって生産され、丸みを帯びた車体と「バタバタ」という独特のエンジン音で親しまれてきた。

 オズコーポレーションが販売する「e―Bug(イーバグ)」は外観も内装も旧型ビートルそのもの。だがアクセルを踏み込むと、「フオーン」とモーター音を響かせて軽やかに進む。エンジンをモーターに積み替え、電気自動車(EV)として生まれ変わらせたのだ。

 「重たいハンドルや、振動が伝わってくる運転感覚はもとのビートルのままです」。古川治社長(48)がハンドルを握りながら言った。

 車好きの古川さんは、パーツ販売や改造を手がける会社を20代で立ち上げた。

 当時は「走り」を重視した改造…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら