[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)が9日発表した2019年3月期決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が前年比80・5%増の2兆3539億円だった。過去最高で初めて2兆円を超え、トヨタ自動車(米国会計基準で2兆4675億円)に迫る規模となった。

 10兆円規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)が出資する会社の評価益が拡大し、営業利益の半分以上をファンドが稼いだ。孫正義会長兼社長はこの日の会見で、第2の巨額ファンドを立ち上げる方針も表明した。

 売上高は同4・8%増の9兆6022億円で、過去最高だった。純利益は同35・8%増の1兆4111億円。20年3月期の業績予想は公表していないが、純利益は4年連続で1兆円を超えるとの見通しを示した。

 SVFは、配車サービス大手の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら