[PR]

 米ホワイトハウスは9日、トランプ大統領がシャナハン国防長官代行(56)を国防長官に指名すると発表した。上院の承認を経て就任する。シャナハン氏は、マティス前国防長官が昨年末、シリアからの米軍の撤退に反対し、辞任したのに伴い、今年1月から国防長官代行を務めていた。

 ホワイトハウスのサンダース報道官は「国のための優れた仕事と指導力を示したことから、大統領はシャナハン氏を国防長官に指名する意向だ」と発表。シャナハン氏は「指名を名誉に思う。軍の近代化に全力で取り組む」と述べた。

 シャナハン氏は、米航空機大手ボーイングに30年超勤め、ミサイル防衛システムなどの軍事装備や航空分野などを担当し、上級副社長も務めた。2017年、トランプ政権から国防副長官に指名された。トランプ氏が意欲を示す武器輸出や宇宙軍創設を推し進め、トランプ氏からの評価が高いとされるが、軍や外交など政府部門で働いた経験は少ない。(ワシントン=渡辺丘)