[PR]

 トレーニング機器「シックスパッド」を手がける美容・健康機器のMTG(名古屋市)が10日発表した2019年3月中間決算は、純利益が前年同期の37億円から98・6%減となる5300万円だった。中国の規制強化で、主力の美容ローラー「リファ」の転売目的での購入が落ち込んだことが響いた。

 松下剛社長は東京都内で開いた会見で「大変厳しい実態」と述べた。成長が期待される「ユニコーン企業」として、鳴り物入りで東京証券取引所マザーズに昨年夏に上場して10カ月。上場時の晴れやかな笑顔はなかった。

 売上高は13・1%減の246億円。マーケティング費用や研究開発費を抑え、何とか黒字を保った。

 失速の背景にあるのは、リファ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら