[PR]

 訪米中の菅義偉官房長官は9日午後(日本時間10日朝)、ワシントンでポンペオ国務長官、シャナハン国防長官代行とそれぞれ会談した。米国防総省が弾道ミサイルだったと分析した北朝鮮による飛翔(ひしょう)体の発射について、日米が緊密に連携して分析、対応することで一致。北朝鮮の完全な非核化に向け、国連安保理決議の完全な履行が必要との認識も改めて確認した。

 菅氏はポンペオ氏との会談で、前提条件をつけずに北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談の実現をめざす日本政府の方針を説明。拉致問題の早期解決に向けて協力することも改めて確認した。

 菅氏は会談終了後、記者団に「あらゆるレベルにおいて緊密に連携をしていくことで一致した」と話した。飛翔体の発射後も日本政府の方針は変えず、日朝首脳会談の実現を目指す考えも示した。

 シャナハン氏との会談では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を着実に進めることを改めて確認した。

 菅氏は10日午前(日本時間11日未明)にホワイトハウスでペンス副大統領と会談する予定。(ワシントン=岡村夏樹)