[PR]

 アパート建設大手レオパレス21は、深山(みやま)英世(えいせい)社長(61)が6月にも退任する人事を固めた。建築基準法の基準に合わないアパートを施工した問題が拡大しており、経営責任を明確にする。後任の社長には宮尾文也(ぶんや)取締役常務執行役員(59)が昇格する見通しだ。10日午後に発表する。

 レオパレスは昨春、延焼を防ぐ天井裏の仕切り壁が設置されていないなどの不備が発覚。施工した全物件の調査が続いているが、3月末時点で全物件約3万9千棟のうち4割弱で不備が見つかっている。補修工事の費用が膨らんだうえ、入居率も低下しており、2019年3月期の純損益が690億円の赤字になるとの見通しを9日に発表していた。

 深山氏は創業家出身で、10年2月に社長に就任した。(高橋尚之、田中美保)