[PR]

 福岡県久留米市出身の洋画の巨匠、坂本繁二郎(1882~1969)が、旧海軍の空母「千歳」に献納した風景画と同じ構図のスケッチ画が、久留米市美術館に寄贈された。坂本の孫の暁彦さん=福岡市中央区=が保管していた。千歳は第2次大戦中に沈没したため、風景画は「幻の絵画」ともされる。その原画になった可能性があるという。市美術館で開催中の「没後50年 坂本繁二郎展」で14日から展示される。

 千歳に献納された風景画は「千歳川景勝図」。朝倉市山田の山田堰と筑後川を描いたとされる。今回寄贈されたスケッチ画は縦18・3センチ、横22・3センチで、「千歳川景勝図」と同じ構図が鉛筆で描かれている。

 書簡5通や文献も同時に寄贈された。

 市美術館によると、筑後川は以…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら