[PR]

 日本サッカー協会は10日、6~7月にフランスで開催される女子ワールドカップ(W杯)に出場する日本女子代表(世界ランキング7位)のメンバー23人を発表した。2011年W杯ドイツ大会優勝メンバーの主将のDF熊谷紗希(リヨン)やDF鮫島彩(神戸)らも選ばれた。

 大会は6月7日(日本時間8日)に開幕。24チームが4チームずつ6組に分かれて1回戦総当たりの1次リーグを戦い、各組2位以上と3位のうち成績上位の4チームが決勝トーナメントに進む。決勝は7月7日(同8日)。

 2大会ぶりの優勝を目指す日本は1次リーグD組で、6月10日(同11日)にアルゼンチン(世界ランキング37位)、14日にスコットランド(同20位)、19日(同20日)にイングランド(同3位)と対戦する。

 日本のW杯メンバーは次の通り。

 ▽GK 池田咲紀子(浦和)山下杏也加(日テレ)平尾知佳(新潟)▽DF 市瀬菜々(仙台)鮫島彩(神戸)宇津木瑠美(シアトル)熊谷紗希(リヨン)三宅史織(神戸)清水梨紗(日テレ)宮川麻都(日テレ)南萌華(浦和)▽MF 阪口夢穂(日テレ)中島依美(神戸)籾木結花(日テレ)長谷川唯(日テレ)杉田妃和(神戸)三浦成美(日テレ)▽FW 岩渕真奈(神戸)菅沢優衣香(浦和)横山久美(長野)小林里歌子(日テレ)植木理子(日テレ)遠藤純(日テレ)

こんなニュースも