[PR]

 大相撲の力士の巨大化が止まらない。平成以降の幕内でみると、体重が15キロ以上も重くなった計算だ。パワー偏重で技の応酬が減ったと批判的な見方もあるが、大きくなればなるほど映えるのが「小兵」。令和で迎える夏場所で、ひときわ小さな兄弟弟子が幕内の土俵を沸かせそうだ。

 平成最後の本場所となった今年3月の春場所9日目、十両の土俵。168センチ、100キロの炎鵬(えんほう)(24)=宮城野部屋=が大きな拍手を浴びた。

絶体絶命から真骨頂

 相手は181センチ、185キ…

この記事は有料会員記事です。残り1666文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!