[PR]

 日本学生野球協会は10日、東京都内で審査室会議を開き、高校6件の不祥事の処分を発表した。関商工(岐阜)は複数の部員が窃盗行為などを長期間にわたって繰り返していたとして3月31日から7月12日まで、有田中央(和歌山)は4人の3年生が下級生をいじめていたとして4月10日から7月11日まで、それぞれ対外試合禁止となった。ともに夏の全国選手権の地方大会には出られるが、関与した部員は選手登録しないよう指導した。

 【対外試合禁止】関商工(岐阜)=3月31日から7月12日、部員の窃盗、喫煙▽有田中央(和歌山)=4月10日から7月11日、部員のいじめ▽校名非公表=4月23日から5月22日、部員のいじめ【謹慎7カ月】新発田中央(新潟)のコーチ=3月5日から、暴力、暴言、報告義務違反【同3カ月】大阪偕星の部長=4月10日から、部員間の暴力の報告遅れ【同2カ月】科学技術(兵庫)の監督=4月4日から、暴力、報告義務違反

こんなニュースも