【動画】今年生まれの赤ちゃんザルに「レイワ」と命名=寿柳聡撮影
[PR]

 野生のサルを餌付けしている大分市の高崎山自然動物園。今年初めて生まれた赤ちゃんの名前が「レイワ」に決まり、10日の命名式で発表された。毎年、折々の話題にちなんだ名前をつけるのが恒例で、レイワは公募1691票中369票を集めて1位、2位も100票の「レイ」だった。

 その年初めて生まれた赤ちゃんザルの名前は、1984年から時事ネタにちなんだものをスタッフが命名。2013年からは公募で決めるようになった。

 今年、大分県内でも試合があるラグビーワールドカップにちなんだ「トライ」(72票)、「ラグビー」(15票)も人気。引退した「イチロー」(39票)、活動休止が発表された「アラシ」(10票)、米津玄師さんのヒット曲「レモン」(6票)もあった。

 レイワはメスで、B群のメス「キュート」(20歳)の12番目の子。「気が強い」という母の胸にしっかり抱かれ、おっぱいを飲んだり、眠そうな様子で目を閉じたりしていた。

 命名式では、名前が書かれた垂れ幕が用意され、ひもについたサツマイモをサルがジャンプして取ると、「レイワ」の文字が出現。職員の嵯峨(さが)由朗さん(43)が「名字が似ている」というだけで官房長官に扮し、元号風に発表した。サル芝居ならぬ小芝居を終えた嵯峨さんは、「失笑でも笑いがとれてよかった」とほっとした表情を見せた。

 サルたちの出産は8月ごろまで続き、今年も前年並みの約140頭が生まれる見込みだ。(寿柳聡)