[PR]

 著書と論文に捏造(ねつぞう)や盗用があったと認定され、学校法人・東洋英和女学院から懲戒解雇処分を受けた深井智朗(ともあき)・前院長は10日、コメントを発表した。全文は以下の通り。

         

 この度は、学校法人東洋英和女学院の関係者の皆様、拙著の読者の皆様に対し、拙著に関する問題で、さまざまな混乱をもたらし、多大なるご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 今回の調査結果については、真摯(しんし)に受けとめ、速やかに必要な訂正や修正を行いたいと思います。

 また既に、平成31年3月11日付辞任届・退職届を学院に対して提出しております。学院の教育と研究に関するすべての立場から退いておりますので、誠に恐縮ではございますが、何らかの形で私宛にお問い合わせ頂きましても、これ以上お答えできることはございません。また、自宅等への取材は、厳に差し控えて下さいますようお願い申し上げます。