[PR]

 食べ物の情報は、無意識のうちに「おいしそう」といった感情をかき立てるようだ――こんな仕組みを京都大学などの研究チームが脳活動の分析で突きとめた。13日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。ダイエットには、食べ物を無意識でも目に入れない環境が大事だという。

 チームはまず、最後に食事してから6時間程度たった18~25歳の男女22人に、ハンバーガーやすしなどの食べ物と、無意味なモザイク画像を見せた。そこを、脳の活動を血流変化で分析できる「fMRI(機能的磁気共鳴断層撮影)」を使って調べた。

 すると、食べ物の画像を見せた…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら