[PR]

 JR名古屋駅(名古屋市中村区)で11日未明、新幹線車内でのテロを想定した訓練があった。JR東海の社員や愛知県警の警察官ら約90人が参加し、爆発物への対応や乗客の避難誘導などの手順を確認した。

 終電後の午前0時50分に始まった訓練は、新幹線「のぞみ」が走行中、乗客が座席に不審なカバンを発見したという想定で実施。駅員の通報を受けて駆けつけた県警機動隊の爆発物処理班が不審物を撤去した。

 愛知県内では、6月に天皇陛下即位後初めての地方訪問になる全国植樹祭や、9月のラグビーワールドカップ(W杯)などを控えていることから、今回の訓練を実施した。

 JR東海の安藤貞典・名古屋駅長は「大きなイベントが控える中で、備えあれば憂いなし。どんなことがあっても対応できるよう努めたい」。中村署の加藤久幸副署長は「実際の車内を用いて貴重な訓練となった。万全の態勢で警護にあたりたい」と語った。