[PR]

 私たちの生きた「平成」は、どんな時代だったのか。30年間を文学や言葉から振り返る企画展「平成をうつす―未来にうけつぐ言葉と本と物語―」が石川近代文学館で開かれている。

 阪神・淡路大震災(平成7年)、地下鉄サリン事件(同)など、忘れがたい災害や事件が発生した時代。文学にも影響は色濃い。

 阪神・淡路大震災を経験した作家で精神科医の加賀乙彦さんの自伝的小説「雲の都」には、精神科医が被災地でボランティアをする場面が描かれている。記録的ヒットとなった村上春樹さんの「1Q84」には、オウム真理教を思わせるカルト教団が登場。企画展では、それらの作品と、ニュースを伝える当時の新聞や週刊誌をともに展示している。

 大きな出来事の後、既存の作品…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら