[PR]

 ナイター開催を含む1日3試合、5週制を初めて導入した東都大学野球の春季リーグ戦が終盤にさしかかり、新発売の「ナイター券」を手に入場するファンも増えている。改革は順調といえるのか。実務を担う東都大学野球連盟の瀬尾健太郎・事務局長(26)に聞いた。

     ◇

 ――昨秋までの1日2試合、8週制から移行して初めてのシーズン。手ごたえは?

 「1日で全6チームの試合が観戦できてお得感がある」「ナイターだと早めに仕事を切り上げて見にいくこともできるのでいい」といった感想を多くいただいていて、上々の滑り出しといえるのではないかと思っています。

 ナイターの観客席には高校の野球部員らの姿も目立つようになりました。土日は自分たちも試合があるので、東京六大学などは見に行けないけれど、平日のナイターだったら放課後、部として見学に来ることもできる。平日開催の東都大学ならでは、だと思います。

 ――改革の狙いとして、「お客…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら