[PR]

 欧州連合(EU)の立法機関である欧州議会の選挙で、一人の日系人の動きに注目が集まっている。チェコの右翼政党「自由と直接民主主義」を率いるトミオ・オカムラ氏(46)。政界入りから5年で、チェコの主要政党の党首に。反EU、反イスラム移民を強く訴え、欧州で勢力を拡大する各国の右派勢力と連携を深めている。

 旧チェコスロバキア時代の民主化運動「プラハの春」で、市民が集った中欧の古都チェコ・プラハのバーツラフ広場。4月25日、約3千人の観衆の視線の先にいたのが、オカムラ氏だった。

 「我々はヨーロッパが欧州市民のものであるために闘っている。欧州議会で最大の愛国勢力の一つになる」。身ぶり手ぶりを交えた約20分の演説が終わると、歓声が沸いた。

 5月23~26日にEU各国で開かれる欧州議会選を前にフランス「国民連合」のルペン党首や、オランダ「自由党」のウィルダース党首ら、欧州を近年席巻する右翼政党のリーダーがプラハに集結。EUの権限縮小や、移民受け入れの厳格化などを訴えた。

東京・高島平生まれ

 オカムラ氏は日本人と韓国人の…

この記事は有料会員記事です。残り1157文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1157文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1157文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら