菅氏無難な外交デビュー 態勢は「首相級」、米は厚遇

有料会員記事

ニューヨーク=岡村夏樹、ワシントン=土佐茂生
[PR]

 菅義偉官房長官が4日間の訪米日程を終え、12日に帰国する。「ポスト安倍」として急浮上したとの見方が出る中での事実上の「外交デビュー」で、米政府はペンス副大統領や閣僚級が会談に応じて厚遇した。菅氏は無難に乗り切ったものの、「あいさつ外交」にとどまった。

 一連の公式日程を終えた菅氏は10日夜(日本時間11日朝)、ニューヨークで記者団に「拉致問題の早期解決や米軍再編の着実な推進に向けて連携を確認することができた。大変有意義だったと考えている」と総括した。

 米国で菅氏は無名に近く、ホ…

この記事は有料会員記事です。残り960文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら