[PR]

 北朝鮮による9日の短距離弾道ミサイルの発射について、トランプ米大統領は10日、米政治ニュースサイト「ポリティコ」のインタビューで、「(自分と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との)信頼を壊すとは全然思わない」と述べ、今後も正恩氏との信頼関係を維持する考えを示した。

 トランプ氏はインタビューで「怒っているか?」と問われると、「全然(怒っていない)」と答え、「短距離ミサイルであり、極めて通常のものだった」と強調した。

 正恩氏との信頼関係が壊れるかどうかについては「いつかの時点ではあり得るかもしれない。しかし、今ではない」と含みも持たせた。

 この日の発言には、自身が進める対北朝鮮政策に問題がないことを強調する狙いがあったとみられる。

 トランプ氏は9日、「我々は極めて深刻にみている。誰もハッピーではない」と不快感を表明していた。(ワシントン=園田耕司)