[PR]

 11日午後0時40分ごろ、福島県鏡石町中央の町立第一小学校(児童数571人)の校庭で、運動会の昼休み中に複数のテントが突風であおられ、児童らにぶつかった。県警によると、移動した支柱が当たるなどして、3~6年生の男女11人と保護者の男性(30代)の計12人が頭などに軽いけがをした。

 同小によると、突風にあおられたのは、競技に出る児童が待つためのイベント用の大型テント。当時、近くには昼食を終えた児童や保護者がいた。テントの支柱には重しの土囊(どのう)がつけられていたという。