[PR]

デジタルデータソリューション社長 熊谷聖司さん(43)

 パソコンの中に大切にしまってあった思い出の写真が、ぜ~んぶ消えちゃった。どうしよう。

 仕事で収録していた有名タレントの動画が、まるまる再生できない。会社クビになるかも。やばい。

 デジタル機器のメーカーに相談すると「原因不明です」「手の施しようがありません」と宣告される。

 え~、そんな~。

 一縷(いちる)の望みをかけ、この会社に電話で相談。「良ければいらして」と言われ、東京の銀座、大阪の梅田などにあるオフィスに行き、機器を託す。

 神様、直りますように。

 待合室で待つこと数十分。ほとんどの場合、大丈夫の診断が出る。費用は数万~30万円と少し高いが、思い出などには代えられない。

 15年前に始めたこんなデータ復旧事業、今までにこなした案件は20万件超え、復旧率は95%超え。100社はある同業者を、量と質で圧倒する。

 千葉県出身の心熱き元野球少年。でっかい仕事がしたくて土木の専門学校から建設会社に入るも、ITの世界にあこがれて2000年、この会社に入る。企業のコンサルタント事業を立ち上げると大成功、役員になる。

 ところが。

 パソコンにしまっていた顧客データ10万件が消えた。復旧しないと倒産かも。電話した業者は「80万円、イヤならいいんだよ」と高飛車。カッチーン。でも、頼むしかなかった。

 〈ピンチにつけ込みやがって〉

 怒りをバネに04年、復旧事業に参入する。世界中の技術を集め、学び、技術開発。「データ復旧の名医になる」の思いを部下4人と共有、またたくまに業界ナンバー1になった。

 ところが、ところが。

 14年、社長の多角化路線が行…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら