[PR]

 安倍晋三首相が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談の実現を前提条件をつけずにめざす方針を示したことをめぐり、与野党の政策責任者が12日のNHKの討論番組で議論した。与党からも首相の説明を求める声があがった。

 自民党の岸田文雄政調会長は「朝鮮半島の非核化、拉致問題の解決に向けた対話の動きは後押ししなければならない」とした上で、「引き続きしっかり説明していただくことは大事」と指摘。「圧力と対話のバランスが大事だ」と述べた。公明党の石田祝稔政調会長も「もうちょっと説明が必要」と語った。

 一方、立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「総理はこの間の変節の説明をしなければならない。対話のための対話はしないと言っていた」と批判した。