[PR]

 大リーグは11日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平は復帰から5試合連続となる「3番・指名打者」でフル出場。九回に右前適時打を放つなど5打数2安打、1打点だった。

     ◇

 2試合ぶりの複数安打には、伏線となる凡退があった。大谷は、前日の最終打席に放った左飛について「今日につながるアウトだったと思います。いい感覚だったので、継続した」。

 この日は4打席目まで、すべてが中堅から逆方向への打球。「フライを打ちたいから打つのではなく、いい打ち方をしていたらフライが打てる」という感覚の持ち主にとって、これらの傾向は調子が上向きつつあるサインだ。六回の先頭に左前安打で出塁すると、九回は内角球にバットを合わせた右前適時打。中軸としての役割を果たした。

 となると、期待が高まるのは長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも