[PR]

 秋田市の千秋公園で、秋田犬と気軽に触れあえる施設「秋田犬ふれあい処in千秋公園」がはじまった。ケージ越しに秋田犬を触ったり、写真撮影をしたりして、観光客らでにぎわっている。10月31日まで。

 「ふれあい処」での展示は昨年に続き、今年で2回目。秋田犬保存会秋田中央支部の会員が育てる秋田犬5頭が、1頭ずつ交代で「勤務」する。獣医師などの資格を持った職員2人以上が常駐し、勤務を見守る。

 開始2日目の12日に勤務したのは、1歳半のメス・花娘(はなこ)。飼い主の榎(えのき)誠祐さん(71)は「今年は今日が初めての勤務だったので、緊張しているみたい。触れるかどうかは、犬の気分次第です」と話す。秋田犬が好きで、岩手県二戸市から新幹線を乗り継いで来た薬剤師の森川則子さん(66)は「大型犬だけど顔がとても優しいのが、秋田犬の魅力。今日は触れなかったけど、やっぱりかわいくて大満足です」。

 人気の一方で、犬の体調管理が課題だ。市から業務委託を受け運営する秋田観光コンベンション協会によると、展示スペースの上に日よけの屋根を設けたり、休憩中は目隠し用のすだれでケージを覆ったりして犬たちに配慮しているという。

 施設は無料で、午前11時~午後3時。正午から30分間は犬の休憩時間。通常は1頭だが、秋田竿燈(かんとう)まつり期間中やクルーズ船寄港時などは2頭に増やす。(高橋杏璃)