[PR]

 世界3大映画祭の最高峰、第72回カンヌ国際映画祭が14日夜(日本時間15日未明)、フランス南部のカンヌ市で開幕した。昨年、是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞パルムドールを獲得して話題になったコンペティション部門には21作品が参加するが、日本映画は選ばれなかった。別部門では監督週間に三池崇史監督の「初恋」、吉開菜央監督の「Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ」、批評家週間に富田克也監督の「典座―TENZO―」が出品されている。授賞式は25日夜(同26日未明)に開かれる。(カンヌ)