[PR]

 陸上男子100メートルでサニブラウン・ハキーム(20)=フロリダ大=が11日、米アーカンソー州で行われた大会で日本選手2人目の9秒台となる9秒99(追い風1・8メートル)をマークした。2017年に桐生祥秀(当時東洋大)が出した日本記録の9秒98に次ぐ歴代2位の好記録となった。今秋の世界選手権の参加標準記録(10秒10)と来年の東京五輪の参加標準記録(10秒05)も破った。

     ◇

 サニブラウンの速さは、踏み出す歩幅「ストライド」を生かした走り方にある。身長188センチで、一般的な選手よりも一歩が大きい。2017年の日本陸連の調べでは225センチを超えることも多く、約44歩で100メートルを走り抜けることができているという。

 潜在能力の高さは、高校時代か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも