【動画】茨城国体「eスポーツ」の高知県予選=湯川うらら撮影
[PR]

 今秋の茨城国体で文化プログラムとして都道府県対抗戦がある「eスポーツ」の高知県代表決定戦が12日、高知市のイオンモール高知であり、「デデンネマニア」の名前で活動する高知大4年の男子学生(21)がパズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」の県代表になった。

 この日は12~40歳の38人が挑んだ。デデンネマニアさんは巧みなコントローラーさばきで会場を沸かせ、優勝をつかんだ。デデンネマニアさんは「会場から歓声が上がって臨場感があった。国体では自分の力を出し切りたい」と話した。

 国体でのeスポーツの都道府県対抗戦は今年初めて実施される。茨城国体では「ぷよぷよ」のほか、サッカーゲーム「ウイニングイレブン 2019」とレーシングゲーム「グランツーリスモSPORT」を含む3競技がある。(湯川うらら)