アルビン・サージェントさん(米脚本家)が9日、米北西部シアトルで死去、92歳。米ニューヨーク・タイムズ(電子版)が11日に報じた。

 1927年、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。映画「ジュリア」(77年)と「普通の人々」(80年)でアカデミー賞脚色賞を受賞した。ハリウッドで最も多彩な作家の一人として、60年以上にわたってテレビや映画で活躍。実写映画の「スパイダーマン」シリーズの脚本なども手がけた。