[PR]

 成功か失敗か。約20年にわたり約23億円を投じた修復工事が今春完成した韓国の世界文化遺産が、できばえを巡り論争になっていると聞き、韓国人の友人と訪ねた。

 ソウルから車で南へ約3時間。益山(イクサン)にある弥勒寺址(し)の石塔(高さ約14・5メートル)だ。百済時代末期(7世紀)に建てられ、日本の古代史ファンにも知られている。

 論争の発端は、国の予算執行を検査する監査院が「原型通りに修復されなかった」と批判する報告書を発表したことだ。地元の市民団体が「イメージが傷ついた」と国に賠償を求める騒ぎになった。

 修復前の姿を知るという友人は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース