[PR]

 愛知県豊田市で昨年1月に三つ子育児中の母親が次男(当時11カ月)を暴行死させる事件が起きたことを受け、岐阜県多治見市で13日、多胎育児支援について学び、考える研修会があった。愛知、岐阜両県の育児支援団体や行政職員ら約80人が参加した。

 研修会を開いたのは、子連れで楽しめるカフェなどを運営するNPO法人「Mama’s Cafe」(多治見市)。事件を受け、多胎育児への知識を深めようと開催を決めた。

 この日は、多胎育児を支援するNPO法人「ぎふ多胎ネット」(同市)の糸井川誠子理事長が、裁判の傍聴内容や自身の三つ子育児経験などを交えて多胎育児について説明。事件を防ぐにはどうすれば良かったのか話し合った参加者からは、「病院側は産後の親の住む場所を把握し、行政とネットワークを作る」「出産後は育児で動けないので、妊娠期から家族や親族で多胎育児を勉強し、サポート態勢を整える」といった意見が出た。

 Mama’s Cafe代表の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら