[PR]

 大阪都構想の是非を問う住民投票をめぐり、吉村洋文・大阪府知事(大阪維新の会政調会長)は13日、公明党が都構想に賛成しない場合は次期衆院選で公明現職のいる関西6小選挙区に対立候補を擁立する考えを示した。その上で、住民投票について「2020年の秋から冬」に実施をめざす意向を示した。

 府庁で記者団に語った。公明府本部は11日、4月の府知事・大阪市長のダブル選での大敗を受けて、都構想の住民投票実施を容認する考えを表明。ただ、都構想の賛否については「前向きに議論する」としつつ、明確にしなかった。

 吉村氏は13日、公明と早急に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら