[PR]

 熊本県天草市牛深町魚貫崎(おにきざき)の遠見岳(223・7メートル)の中腹で、シャリンバイの花が見ごろだ。青い空と海との間で純白の花弁が映える。18日は一帯の自然を眺めながら歩く「フットパス」の催しがある。

 シャリンバイはバラ科の常緑低木で、高さ約2メートル。梅に似た花びらが車輪のように丸く連なることから、この名がついた。遠見岳の南西斜面は千本余りが群生する全国有数の自生地として知られ、「シャリンバイの丘」と呼ばれている。

 フットパスの催しは南あまくさフットパス主催。定員先着30人。参加料1500円。申し込みは天草宝島観光協会牛深支部(0969・74・7060)へ。(大矢雅弘)