[PR]

 「は・か・た・の・しお!」。男性が野太い声で商品名を叫ぶテレビCMで知られる「伯方塩業」(松山市)が、「二代目声優」のオーディションをツイッターで始めたところ、応募が殺到。個性的な作品が多数寄せられ、盛り上がりを見せている。

 伯方塩業によると、近年は若者を中心に外食や中食が増え、家庭での塩の使用量は減少傾向にある。さらに減塩ブームもあって、高血圧などの一因とされる塩が「悪者にされつつある」(同社)という。栄養のある塩や会社を若者にも知ってもらいたいと、インパクトのあるテレビCMに目をつけ、「二代目声優オーディション」を考えた。

 募集を始めたのは5月11日。「親しまれたフレーズに新しい息吹を」と、「はかたのしお」というフレーズを入れればテンポや音階、尺の長さなどアレンジは自由にした。すると、今月10日までの1カ月で応募は約2500件に上った。

 ジャズやオペラ風に歌う人、「松山から始まって皆さんの愛で45年♪」とオリジナルの歌詞を追加する人、東北弁で歌う人……。ツイッターアカウントのフォロワーも約4倍に増え、1万を超えた。

 「想定以上の反響で、うれしい悲鳴です。これで若い人に親しみを持ってもらえれば」と担当者。グランプリに選ばれた「二代目声優」はウェブ広告での起用を予定しており、1987年から放送しているおなじみのテレビCMは今後も続けるという。

 応募は6月30日まで。ツイッターで同社のアカウント「@hakataengyo」をフォローし、「#はかたのしおオーディション」とつけて投稿する。(藤井宏太)