[PR]

 大正製薬は、今秋に日本で開かれるラグビーW杯をきっかけに、「リポビタンシリーズ」の巻き返しを図る。

 大正はW杯のスポンサーであり、大会にちなんだ限定ボトルをつくる。試合会場や各国代表のキャンプ地で売り込む。

 リポビタンシリーズの2019年3月期の売上高は前年比4・9%減の520億円。よく飲んでくれていた団塊世代の引退を一因とみるが、20年3月期は1・3%増の527億円を見込む。上原健副社長は「中長期でみても販売を伸ばせるきっかけにしたい」と意気込む。